からくり人形 おばけの金太
  • からくり人形 おばけの金太01
  • からくり人形 おばけの金太02
  • からくり人形 おばけの金太03
  • からくり人形 おばけの金太04

からくり人形 おばけの金太

紐を引くと目玉をぐるりと回して舌を出すという、強烈なインパクトのからくり人形。小さい子どもは泣き出してしまいそうな風貌ですが、面白くてお茶目な動きにだんだん夢中になってきます。大人もどこか懐かしく、ほのぼのとした気分に。和のインテリアとしても最適です。

商品の詳細

内容 おばけの金太1体
寸法 W65×D85×H167mm
原材料 紙、木、竹、胡粉
つくり手 厚賀人形店(10代目)厚賀新八郎
配送・お支払方法 詳しくは、お買い物ガイドをご覧ください。
備考 この商品は型を用いない手作りのため、風合いや色など写真とは異なる場合がございます。
価格 2,800円(税込)

おばけの金太について

 黒い烏帽子に赤い顔とぎょろりとした目。紐をひょいと引くと、どんぐり目玉がひっくり返ってあかんべぇをします。この人形のモデルになったのが、加藤清正の家臣で足軽の金太という人です。風貌がこっけいで冗談を言って人を笑わせることが上手で「おどけの金太」と呼ばれて人気者だったといわれています。

作家について

 熊本を代表する郷土玩具「おばけの金太」を、現在唯一製作しているのが、人形師の厚賀新八郎さん。厚賀さんは京都から熊本に移り住んだ人形師、西陣屋新左衛門以来、250年続く人形師の10代目です。「おばけの金太」は5代目の彦七が発案し、その技が現代に続いています。