宿泊日
宿泊日数・客室数
人数/1部屋あたり合計
大人 名様
中学生以上 名様
小学生布団あり 名様 / 布団なし 名様
幼児布団あり 名様 / 布団なし 名様
ご予算/1部屋もしくはお1人様あたり
まで
お客様区分必須
【組合員】国家公務員/国家公務員OB(年金受給者)の方
【優待会員】他の共済組員/公庫・公団等の職員

閉じる

STAY宿泊

宿泊

PEDREAMペッドリーム

ペット専用別棟ペットハウス「ペッドリーム」

大切なペットを快適空間でおあずかりします。

ホテルをご利用のお客様でペットもご一緒の場合「別棟 ペットハウス」でペットのご宿泊が可能です。 カメラを設置しておりますので、その場に行かなくても様子が確認できて安心、セキュリティ管理もしっかり。安心の設備と環境で大切なペットをおあずかりします。お気軽にご相談ください。

ペット専用別棟ペットハウス「ペッドリーム」

「ペッドリーム」の特徴

ペット専用空間だからペットも快適。

ペットハウスは、お泊りの建物とは別棟となっています。動物が苦手な方にご迷惑をおかけすることなく、安心してご利用いただけます。 獣医師からの高い支持を得ている信頼のブランド(株)東京メニックス社製の設備を使用しています。

「ペッドリーム」の特徴

各ケージにカメラを設置。離れた所からペットの様子を確認できます。

ペットが心配という貴方。各ケージ内の映像をお泊りの建物に転送しているので、ペットハウスに行かなくても速やかにペットの様子を確認できます。

各ケージには、ペットの監視カメラが取り付けられています。ペットがいたずらしたり気にしたりしないように目立たない位置に設置されていますから安心です。

監視カメラ

ペットの様子は、フロントに設置されたモニターでいつでも確認できますので、雨や雪の日でも安心して確認することができます。

モニター

しっかりとしたセキュリティ管理。二重扉で好奇心旺盛なワンちゃんの脱走も防ぎます。

ペットハウスは、全体および各ケージに施錠し、鍵を当館が管理しますので、部外者の侵入などのトラブルを未然に防ぎます。 また、二重扉となっていますので、扉を一枚ずつ開け閉めすれば、好奇心旺盛なワンちゃんが脱走することもありません。

セキュリティ管理

動物病院でも使用されている安心設備。 オゾン・マイナスイオン発生装置付きのエアコンを設置。

ステンレス製で、空気感染防止機能付き、臭気排出機能付きのケージ、安定したグルーミングテーブル、温水シャワー付のシンク等、動物病院でも使用される専用設備を使っています。大切なワンちゃんにふさわしい安心設備です。マイナスイオン発生装置付きのエアコンによって、年間を通じて快適な環境に保っています。オゾンも発生するので、衛生的です。

  • シンク
  • 柔らか味のある間接照明
  • 確かな品質のケージ
  • マイナスイオン発生装置付きエアコン

1. シンク

人造大理石を使用した高級感あふれるシンクが用意されています。もちろん温水シャワーも使えます。ペットをきれいにしてあげたい、そんなペットオーナーにもご満足いただけます。

2. 柔らか味のある間接照明

扉を開くとゆったりとくつろげる柔らか味にある間接照明が、ペットとペットオーナーのためにリラックスできる空間を演出しています。

3. 確かな品質のケージ

ケージは衛生的でお手入れが簡単なステンレス製です。このケージは全国の動物病院でも使用されているものと同じ仕様で、空気感染防止、各部屋ごとに常時強制換気を行なう臭気排出機能付きの製品です。扉にはオリジナルの施錠システムが取りつけられていますので、ケージ内からペットがいたずらしても大丈夫です。

4. マイナスイオン発生装置付きエアコン

ペットが快適に安心して休めるように、マイナスイオン発生装置とプラズマ放電によるオゾン発生装置のある高級エアコンを標準装備しています。また、室内外の静寂性に配慮して、換気装置にもサイレンサー(消音器)を装着しています。

ご利用料金とご注意

ご利用料金(1泊) 概要 対象 ケージ数
大型犬 小・中型犬
  • ・ペットシーツ、エチケット袋は無料
  • ※ペットの食事、小物類、食事用容器、リード等は持参。
  • ・チェックイン時に利用同意書にサイン
  • 犬のみ
  • ※予防接種済みのペットに限る
8
4,000円
※2ケージ
3,000円
※1ケージ

※お預かりの場合は1時間につき500円

ペッドリームご利用の流れ

  1. ご利用規約をお読み下さい
  2. ご利用同意書にご記入下さい
  3. チェックイン時にフロントにご提出下さい
  4. ペットチェックイン

お申込時の必要書類

※快適にご利用いただくための必要事項やご注意が掲載されています。 よくお読みのうえ、ご理解ください。

ページトップへ戻る